あなたの元気の糧になりますように。

元気の糧

年金について知ろう!支払い額はいくら?受取り額はいくら?

      2016/08/04

年金について知ろう!支払い額はいくら?受取り額はいくら?

みなさんは年金についてどれくらい知っていますか?自分の支払い額はいくらか知っていますか?将来どれくらい貰えるのか知っていますか?年金の仕組みについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

「帰宅時の運転が心配」車の通勤片道一時間

車で通勤というのは、一見自由な空間があるという事で楽な印象が...

「バイトなら期間延長すれば良い」失業保険の申請の取り消し

会社を退職した場合、雇用保険に加入していた人なら「失業保険」...

「基本、気を抜きすぎないカジュアルで」公務員の女性の服装

公務員の女性の方々はどういう基準で洋服を選んでいるのでしょう...

「日本の国を良くしたい」だから公務員の仕事は楽しい!?

公務員は国が雇っている職員なので信用は高いですし、お給料もな...

「女性の美しさも多国籍」外国人の女性が美しくて可愛い!

外国人の女性で可愛いというと、誰を連想しますか?日本では「世...

海外で日本のテレビを見る方法

海外に長くいると恋しくなる事の1つは、なんといっても「日本の...

「心も体も温まる」シチューに鶏肉。どの部位が良い?

冬と言えば「シチュー」を思い浮かべる人も多いのではないでしょ...

「広すぎて怖いくらい?」アメリカの田舎の生活を体験!

アメリカの田舎の生活について考えたことがありますか?ただただ...

アメリカで映画の仕事がしたいけど、どうすればいいの?

憧れのハリウッドで働きたいけど、どうしたらいいの?という悩み...

神の領域に手を出すのかっ!?動物と人間は交配できるの?

ファンタジー漫画やゲームなどで登場するキメラ。違う種類の動物...

友達と喧嘩して絶交してしまった。もう関係修復は無理?!

喧嘩するほど仲が良いとも言いますが、友達と喧嘩して絶交にまで...

初心者だけど車で旅行って行けるのかな?

車の運転免許を取ったばかりの頃って、あちこち出かけたくなるも...

家庭環境で子供の性格は変わる?!

誰しも自分の子供を適当に育てようなんて思ってはいないはずです...

仕事量が多すぎることを上司に相談していいの?

ブラック企業なんて言葉もありますが、そんな企業ではなくとも抱...

高校と大学での学びの違いって?!

日本での義務教育は小学校、中学校までなのですが、現代ではその...

バイトのシフトの入れ方ってみんなどうしてる?

アルバイト先を選ぶ時、職種や時給、勤務地など色々な条件がある...

産婦人科での検診、膣に指や器具を入れられるって本当?!

生理不順や生理痛など日常的な症状はもちろん、子宮がん検診など...

高校の定期テストの教科数ってどれくらい?

中学でも高校でも定期テストがあるという部分は同じなのですが、...

バイトでの自分のシフトの入れ方や確認方法がわからない!

アルバイトを始めたらものの、シフトの入れ方や自分のシフトがど...

ご祝儀で結婚式を黒字にするって・・・どうなの?

会費制の結婚式だったり、身内だけで顔合わせするようなお食事会...

スポンサーリンク


年金の支払い額は?貰える額は? Q&A

もうすぐうちの親が定年を迎え、年金生活が始まります。
そこで疑問に思ったのですが、年金って平均でいくら貰えるのでしょうか?
5万か10万か15万か20万か、さっぱり見当がつきません。

引用元-年金支給額ってズバリいくらですか? – その他(年金) 解決済 | 教えて!goo

私は現在年金受給者です。
まだ段階支給ですので満額ではないですが 2ヶ月に一回の支給で28万円程度です。
1年数ヵ月後は確か36万円くらいですね。
なので月額に直すとそれぞれ14万円と18万円ということになります。
これは高卒で厚生年金期間が約22年間国民年金期間が19年間の条件です。
友人達は定年まで厚生年金で はっきりとは教えてもらえませんでしたが 言葉の端々から推測するに月額にすると25万円と35万円くらいでしょう。
参考になりましたら良いのですが。。。

引用元-年金支給額ってズバリいくらですか? – その他(年金) 解決済 | 教えて!goo

そもそも年金とは何なのか?

誰でも年をとれば、個人差はあっても若い頃のように働けなくなり、収入を得る能力が低下するリスクなどを背負っています。
また、長寿化による国民の老後期間の伸張のほか、
・産業構造の変化(工業化等)
・都市化
・家族(世帯)の在り方の変化(核家族化)
・国民意識の変化
などに伴い、子どもからの仕送りなどの私的扶養のみに頼って老後生活を送ることが困難になっています。
こうした中、どれだけ長生きしても、また子供の同居や経済状況など私的な家族の状況にかかわらず、安心・自立して老後を暮らせるための社会的な仕組みとして、公的年金は大きな役割を担っています。
公的年金は、高齢者世帯の所得の約7割を占めるとともに、高齢者世帯の公的年金等の総所得に占める割合が100%の世帯が6割強と高く、また、国民の4人に1人が年金を受給するなど、今や老後生活の柱として定着し、国民生活に不可欠な役割を果たしています。

引用元-公的年金制度の役割|日本年金機構

公的年金と私的年金

「年金」と一口に言っても「公的年金」と「私的年金」の2種類があることを知っていますか?

公的年金とは
まず「公的年金」ですが、日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての方が加入する「国民年金(基礎年金)」と会社などに勤務している方が加入する「厚生年金」の2階建てになっています。
国民年金(基礎年金)は原則20歳以上60歳未満のすべての方に加入義務があります。被保険者は1号・2号・3号の3つに区分されています。1号は自営業の方など、2号は会社員・公務員の方、3号は2号被保険者に扶養されている配偶者です。
その上乗せとして、会社員・公務員の方が加入する厚生年金があります。なお、公的年金では老後の生活保障だけでなく、「障害年金」や「遺族年金」といった保障もあります。
また、その他公的年金の上乗せとして国民年金基金や確定拠出年金(日本版401k)といった制度もあります。

私的年金とは
一方「私的年金」とは、一般的に民間の保険会社などが販売している個人年金保険を指します。保険料の払込期間(例えば60歳まで)、受取年齢(60歳または65歳から)、受取年数(5年間または10年間など)をあらかじめ加入者が決めておきます。個人年金保険には積立型と、一時払型があります。

引用元-公的年金と私的年金の違いって? | すまいるプラザ : 多摩信用金庫

国民年金の支払い額はいくら?

国民年金の保険料は、
平成28年4月〜平成29年3月までは、16,260円/月。

引用元-国民年金保険料 | 国民年金

なお、保険料は平成29年度まで段階的に上がることが決定しています。

国民年金保険料の月額
平成22年4月〜 14,980円 × 1.008(改定率) = 15,100円
平成23年4月〜 15,260円 × 0.984(改定率) = 15,020円
平成24年4月〜 15,540円 × 0.964(改定率) = 14,980円
平成25年4月〜 15,820円 × 0.950(改定率) = 15,040円
平成26年4月〜 16,100円 × 0.947(改定率) = 15,250円
平成27年4月〜 16,380円 × 0.952(改定率) = 15,590円
平成28年4月〜 16,660円 × 0.976(改定率) = 16,260円
平成29年4月〜 16,900円 × 改定率

改定率は、その年の労働人口や平均寿命の伸び率などを判断し、その都度年金保険料に反映させるものです。

引用元-国民年金保険料 | 国民年金

年金の平均受取り額はいくら?

国民年金の平均月額は「54,497円」
まず国民年金から見ていきましょう。
今回の報告書でわかった国民年金(老齢基礎年金)の平均支給額は、月額で「54,497円」でした。
国民年金の制度上の支給額は年に772,800円、月額に直すと「64,400円」です。
ただし、これは40年間保険料を支払った場合の満額で、実際に、この金額をもらっている人は少ないことがわかります。
ちなみに、60歳で繰上げ支給を受けると満額でも「45,506円」ですが、実際の支給額は「38,312円」となっています。繰上げ支給で3割減となるうえに、満額でないため4万円を切ってしまいます。

厚生年金の平均月額は「147,513円」
次に、厚生年金を見てみましょう。
今回の調査では、厚生年金の月額の平均支給額は「147,513円」でした。
また、厚生年金は加入期間や報酬によって、支給される金額に差があります。そのため、男女差が大きく、平均月額は男性が「165,450円」、女性が「102,252円」となっています。
厚生年金については、厚労省では夫婦二人のモデルの想定支給額を公開しています。これは、40年間サラリーマンとして働いた夫と、専業主婦の組み合わせが想定されています。その金額は「221,507円」です。
このモデルに、さきほどの平均月額を当てはめると、夫の分が「165,450円」、妻の分が国民年金なので「54,497円」で、合計すると「219,947円」となります。
つまり、男女の支給額の差を加味すれば、実際に支給されている年金額は、厚労省のモデルに近い金額と言って良いでしょう。

引用元-実際に支給されている国民年金の平均月額は5万4千円、厚生年金は14万8千円 – シニアガイド

まとめ

年金制度自体は良い制度ですが、毎年、支払い額は上がっているのに実際貰える額は少ないようです。

twitterの反応

 - 人生 社会

ページ
上部へ