あなたの元気の糧になりますように。

元気の糧

歯がボロボロの20代が増えている!

      2016/11/07

歯がボロボロの20代が増えている!

歯医者さんが好き!という人に出会ったことがありませんが、どうしてもあの独特の雰囲気や音は未だに好きになれません。子どもの頃の歯磨きや歯医者通いでトラウマになってしまったせいなのか、はたまた食生活を始めとした環境が原因なのか、20代ですでに歯がボロボロの人が増えているようです。虫歯と治療について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

「女性の美しさも多国籍」外国人の女性が美しくて可愛い!

外国人の女性で可愛いというと、誰を連想しますか?日本では「世...

海外で日本のテレビを見る方法

海外に長くいると恋しくなる事の1つは、なんといっても「日本の...

「心も体も温まる」シチューに鶏肉。どの部位が良い?

冬と言えば「シチュー」を思い浮かべる人も多いのではないでしょ...

「広すぎて怖いくらい?」アメリカの田舎の生活を体験!

アメリカの田舎の生活について考えたことがありますか?ただただ...

アメリカで映画の仕事がしたいけど、どうすればいいの?

憧れのハリウッドで働きたいけど、どうしたらいいの?という悩み...

神の領域に手を出すのかっ!?動物と人間は交配できるの?

ファンタジー漫画やゲームなどで登場するキメラ。違う種類の動物...

友達と喧嘩して絶交してしまった。もう関係修復は無理?!

喧嘩するほど仲が良いとも言いますが、友達と喧嘩して絶交にまで...

初心者だけど車で旅行って行けるのかな?

車の運転免許を取ったばかりの頃って、あちこち出かけたくなるも...

家庭環境で子供の性格は変わる?!

誰しも自分の子供を適当に育てようなんて思ってはいないはずです...

仕事量が多すぎることを上司に相談していいの?

ブラック企業なんて言葉もありますが、そんな企業ではなくとも抱...

高校と大学での学びの違いって?!

日本での義務教育は小学校、中学校までなのですが、現代ではその...

バイトのシフトの入れ方ってみんなどうしてる?

アルバイト先を選ぶ時、職種や時給、勤務地など色々な条件がある...

産婦人科での検診、膣に指や器具を入れられるって本当?!

生理不順や生理痛など日常的な症状はもちろん、子宮がん検診など...

高校の定期テストの教科数ってどれくらい?

中学でも高校でも定期テストがあるという部分は同じなのですが、...

バイトでの自分のシフトの入れ方や確認方法がわからない!

アルバイトを始めたらものの、シフトの入れ方や自分のシフトがど...

ご祝儀で結婚式を黒字にするって・・・どうなの?

会費制の結婚式だったり、身内だけで顔合わせするようなお食事会...

「子供に命を教えよう」金魚を飼育するため100均を活用!

お祭りの風物詩「金魚すくい」は子供時代の楽しい遊びのひとつで...

「十人十色の事情有り」義母と同居と介護の義務

介護の問題は難しいですよね。義父や義母と同居しているなら介護...

「自分自身を表す鏡?」メンズの財布の中身はその人となり

財布はその人となりを表すものだと良く言われますよね。メンズの...

メダカの稚魚の飼育のコツとボウフラ対策

卵からふ化させた大切なメダカの稚魚。せっかくなら元気に大きく...

スポンサーリンク


スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

歯がボロボロの20代(質問)

歯並びが悪く、歯がボロボロの20代後半主婦です・・・同じ方いますか?
小さい頃からよく虫歯になりやすく歯医者に連れてかれた私は、歯医者恐怖症になりました。
小さい頃行っていた歯医者さんはとにかく怒鳴りつけたり、足を叩いたり・・・恐かったです。
大人になってから歯医者には一切行かず痛くても我慢。

先日、歯が欠けてしまい、意を決して行くと先生にボロクソ言われました。

引用元-歯並びが悪く、歯がボロボロの20代後半主婦です・・・同じ方いますか? – … – Yahoo!知恵袋

あまりの自分の歯のボロボロ具合にショックを隠し切れません。
途中、小さい頃のトラウマをチラチラ思い出し、体が強ばりました。

でもその先生が、その病院の院長だった事、歯並びが悪いや虫歯が出来やすい根本的な原因を今まで行った歯医者さんは言ってくれなかった事(10代後半だったので、気を遣われたのか?)、私の悩みを的確に当ててくれた事(口内炎が出来やすい等)を考え、これからちゃんとその先生にみてもらおうと思っています。
矯正は高い為出来そうにないですが・・・出来るだけの治療をするつもりです。

そこで、同じ様な境遇の方に質問です。

・歯のために、している事はありますか?(歯間ブラシなど)
・定期的に歯石除去をしに病院に通っていますか?
・また、差し支えなければ歯の状況、治療にかかった費用等教えて下さい。

引用元-歯並びが悪く、歯がボロボロの20代後半主婦です・・・同じ方いますか? – … – Yahoo!知恵袋

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

歯がボロボロの20代(回答)

今は、優しい先生多いですし、歯医者は腐るほど有りますので、自分がしっくりくる病院を探せばいいと思います。
自分が実験台ですが、受け付けで、今日は歯石とりだけで、みたいな感じで入って、嫌なら次の病院にいけばいいよ。
先生ってやっぱり頭いい人だから、その中でも人の不安や感情を少し読み取ったりする勘のいい先生もいるんですよね。

なかなか、質問や相談はしづらい感じも有りますし僕も緊張します。。
でも、的確に自分の悩みを見つけてくれる先生なら、信頼してまるのもいいかもですね。

引用元-歯並びが悪く、歯がボロボロの20代後半主婦です・・・同じ方いますか? – … – Yahoo!知恵袋

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

意外と多い歯がボロボロの20代

20代というと、若さに溢れて健康的というイメージがあるものですが、歯に関しては問題を抱えている人が多いものです。
それも、虫歯があるという程度の話ではなく、ほとんどの歯がボロボロになっているというケースもよく耳にします。
なぜそうなるのかというと、この理由も様々なのですが、歯磨きなどの基本的なケアが足りていなかったという人が多いでしょう。
特に、お菓子が大好きで、夜寝る前に食べる習慣があった人は、当然虫歯にもなりやすいものです。
大体は歯磨きをせずに寝てしまいますからね。
また、歯磨きは普通にしていても、スポーツなどで歯を食いしばることが多かった人は奥歯がボロボロになりやすいものです。
中にはストレスでガムを強くかみすぎて歯がボロボロになったというケースもありますから、注意が必要ですね。

引用元-20代で歯がボロボロ〜どんな風にケアすればいい? | 一日一歩

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

十代から注意すべき歯周炎の治療

早期発症型歯周炎
早期発症型歯周炎は、名前の通り、10〜20代で発症する歯周病のことです。
症状は成人性歯周炎と変わりありませんが、早期発症型歯周炎の方が進行しやすいという特徴があります。

若年性歯周炎(侵襲性歯周疾患)
10〜20代に多く、急速に進行する特徴のある若年性歯周炎は、一般的な歯周病とは原因・治療法が異なり、改善されにくいです。
全身症状はなく、歯周炎の症状だけが現れますが、前歯と第一大臼歯(6番/奥歯)にだけ発症するケースもあります。
家族内で同様な症状が現れることもあります。
進行しやすいため早期治療が必要で、一般的な歯周病治療に加え、薬物療法や外科的治療を行います。

歯周病の原因
歯周病の原因は、プラーク(歯垢)です。
歯周病は歯の脱落を招く恐ろしい病気ですが、誰もが知っている、プラークが歯周病を引き起こすのです。
歯と歯茎の隙間に、プラークや歯石が付着すると、プラークや歯石の中の細菌が、歯肉に炎症を引き起こします。
さらに進行すると、歯肉と歯の隙間に細菌が入り込み、歯周組織を破壊しながら奥深くへと進んでいきます。
細菌が侵入して作られた歯と歯肉の隙間を「歯周ポケット」と言い、進行するほど歯周ポケットは深くなります。
また、歯周病が進行して歯周ポケットが深くなっていくと、細菌は歯を支える歯槽骨をも破壊し、歯をグラグラにしてしまいます。
最悪は、歯が抜け落ちてしまいます。

引用元-【歯周病】歯の脱落も! 10代から注意すべき歯周炎の治療/原因/予防【ナタリーデンタルクリニック】

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

摂食障害の人は歯がボロボロに?

歯がボロボロになってしまう原因、それは「酸蝕症」といわれる症状です。
摂食障害により嘔吐する際に胃酸が口の中に充満します。
胃酸は非常に強い酸性ですので、歯のエナメル質を胃酸が溶かしてしまい、虫歯になりやすくなってしまったり、神経が表面化することにより激痛が走り、最悪は歯がボロボロになってしまいます。
摂食障害は人によっては何年も完治できずに嘔吐を繰り返してしまうので、頻度が高く、ましては長い年月に渡って嘔吐し続けていれば、当然歯へのダメージは避けられません。
摂食障害を若くして発症した人は20代で入れ歯を経験してしまう人も居るくらいです。
胃酸の分解力が凄まじいことが伺える事例でしょう。

引用元-摂食障害の人は歯がぼろぼろになる?原因は×××だった! | 摂食障害(拒食症・過食症)

削る、抜くはもはや時代遅れ?

開業したての4〜5年は、教科書通りに虫歯を削って詰め物をし、抜かないといけない歯は抜き、欠損した歯の両側の歯を削ってブリッジにするという治療を当たり前のように行っていました。
ところが、数年経つと削った歯がまた悪くなってしまう。虫歯になったり、歯周病になったりするのです。
「歯の寿命を延ばすためには、本当は削らないほうがいい」と、自分なりの答えを出してからは、逆に、この治療法を行うことでストレスを感じるようになりました。
そんなときに出会ったのが、アメリカで行われている「ドッグスベスト」という新しい治療法です。
「ドッグスベスト」の治療は、虫歯をまったく削らないで、患部を洗浄し、無菌状態にしてペースト状のドックスベストを充填するだけ。
しかも、治療期間が短く、そのペースト自体に殺菌効果があって、治療した部分の進行や再発がほとんどないという夢ような治療法です。
「世の中には、同じ思いの人がいるんだ!」と、この方法に出会ったときは、本当にうれしかったですね。
最近では、歯周病でグラグラした歯にも、抜かずに歯周病菌を自己免疫によって減らす「YM療法」という治療法を選択するようになりました。
さらに、パーフェクトぺリオ水(歯周病の消毒液)の生成機や高周波治療器など最新機械を用いて、歯の延命治療を行っています。抜くのはいつでもできますが、一度抜いてしまったら取り返しがつきません。
もちろん全患者様にこれらの方法が適用されるわけではありませんが、こうした治療を行うようになり、痛みがともなう治療を繰り返していた患者さんの数がグッと減りました。

引用元-虫歯は削るもの? 常識を疑うことで出合った最新治療法。 : 医師が薦める本物の健康住宅 WEB版

まとめ

歯科治療の常識が今や非常識になってきているのかも知れません。

twitterの反応


https://twitter.com/tmr_erichu/status/774843304277966848

 - 健康 美容

ページ
上部へ