あなたの元気の糧になりますように。

元気の糧

離婚が子供に与える影響について

      2016/12/01

離婚が子供に与える影響について

離婚は子供にとって大変な出来事です。全く平気な子供はいないでしょう。でも離婚せざるをえない場合もありますよね。離婚が子供にどんな影響を与えるのか、どんな事に気を付けるべきかまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

「日本の国を良くしたい」だから公務員の仕事は楽しい!?

公務員は国が雇っている職員なので信用は高いですし、お給料もな...

「女性の美しさも多国籍」外国人の女性が美しくて可愛い!

外国人の女性で可愛いというと、誰を連想しますか?日本では「世...

海外で日本のテレビを見る方法

海外に長くいると恋しくなる事の1つは、なんといっても「日本の...

「心も体も温まる」シチューに鶏肉。どの部位が良い?

冬と言えば「シチュー」を思い浮かべる人も多いのではないでしょ...

「広すぎて怖いくらい?」アメリカの田舎の生活を体験!

アメリカの田舎の生活について考えたことがありますか?ただただ...

アメリカで映画の仕事がしたいけど、どうすればいいの?

憧れのハリウッドで働きたいけど、どうしたらいいの?という悩み...

神の領域に手を出すのかっ!?動物と人間は交配できるの?

ファンタジー漫画やゲームなどで登場するキメラ。違う種類の動物...

友達と喧嘩して絶交してしまった。もう関係修復は無理?!

喧嘩するほど仲が良いとも言いますが、友達と喧嘩して絶交にまで...

初心者だけど車で旅行って行けるのかな?

車の運転免許を取ったばかりの頃って、あちこち出かけたくなるも...

家庭環境で子供の性格は変わる?!

誰しも自分の子供を適当に育てようなんて思ってはいないはずです...

仕事量が多すぎることを上司に相談していいの?

ブラック企業なんて言葉もありますが、そんな企業ではなくとも抱...

高校と大学での学びの違いって?!

日本での義務教育は小学校、中学校までなのですが、現代ではその...

バイトのシフトの入れ方ってみんなどうしてる?

アルバイト先を選ぶ時、職種や時給、勤務地など色々な条件がある...

産婦人科での検診、膣に指や器具を入れられるって本当?!

生理不順や生理痛など日常的な症状はもちろん、子宮がん検診など...

高校の定期テストの教科数ってどれくらい?

中学でも高校でも定期テストがあるという部分は同じなのですが、...

バイトでの自分のシフトの入れ方や確認方法がわからない!

アルバイトを始めたらものの、シフトの入れ方や自分のシフトがど...

ご祝儀で結婚式を黒字にするって・・・どうなの?

会費制の結婚式だったり、身内だけで顔合わせするようなお食事会...

「子供に命を教えよう」金魚を飼育するため100均を活用!

お祭りの風物詩「金魚すくい」は子供時代の楽しい遊びのひとつで...

「十人十色の事情有り」義母と同居と介護の義務

介護の問題は難しいですよね。義父や義母と同居しているなら介護...

「自分自身を表す鏡?」メンズの財布の中身はその人となり

財布はその人となりを表すものだと良く言われますよね。メンズの...

スポンサーリンク


離婚が子供に与える影響

離婚で一番影響を受けるのは子供
離婚によって、一番大きな傷を負い、人生に深刻な影響を受けるのは子供です。
親の離婚に直面した子供は、想像もしていなかった現実に直面し、親以上に混乱しますし、悩み傷つきます。

幼い子供は身体反応や態度で反応する
幼い子供は、離婚を頭で理解することはできませんが、周囲の感情や雰囲気から家族の異変を敏感に察知します。
そして、混乱した心の中を言葉で表現することはできないため、夜泣き、発疹、発熱、嘔吐といった身体反応で表現します。
また、親に過剰に甘える、反対に一切甘えなくなるなど、態度が変化することもあります。

離婚が犯罪や生活態度の乱れにつながる
おおむね小学校高学年以降の子供は、親の離婚を頭で理解できるようになりますし、自分の意見を言葉で表現する力も備わっています。
そのため、離婚についてどう思うか、どちらの親と住みたいか、転居や転校をするかなどについて、意見を言うこともあります。
一方で、離婚について理解し、表現する力があっても、親に気を遣ったり、気持ちが整理できなかったりする子供も少なくありません。
そうした子供は、自分ではどうしようもないストレスを心の中に溜め込み、犯罪(暴力、物を壊す、落書き、万引きなど)や生活態度の乱れ(夜遊び、外泊、不良交友、援助交際、不登校など)といった不適切な方法で、ストレスを発散しようとすることがあります。
また、親の離婚を経験した子供は、夫婦が円満な家庭を築くイメージを持ちにくいため、将来、結婚したときに夫または妻としての役割をうまくこなせず、離婚してしまうことも少なくありません。

引用元-離婚が子供に与える影響は? | 離婚したい人のガイドブック

離婚:年齢別子供の影響①

乳幼児期(0歳〜2歳くらいまで)母親の愛情が必要です。
離婚を決めるなら子供が赤ちゃんのうちにして、父親の記憶が残らない方が良い、と考える母親も少なくありません。 父親の過失により、やむを得ない理由で離婚するなら、そう考えるのも仕方のないことです。
注意しなくてはいけないのは、幼児期に母親の愛情がたっぷり与えられないと、子供は心が落ち着かず、いつも不安な状態になってしまうと言うこと。 経済的な事情で働くことは仕方ないとして、仕事以外の時間はできるだけ赤ちゃんと一緒に過ごし、愛情を注ぐようにしましょう。

幼児期(2,3歳〜6歳くらいまで)は父親を欲しがる事も多い時期
この時期の子供は自我が確立し、自分と他人がわかるようになり、お友達にはお父さんという存在がいることに気付きます。 そのため「お父さんが欲しい」「お父さんはどこ?」とストレートに質問してくることがあります。
そのような場合、適当な嘘をつくことで、子供を余計に傷つけてしまうことがありますので、十分注意しましょう。
逆に、父親についてまったく触れず、何も言ってこない場合は少し心配です。 わざわざこちらから何度も話すことはありませんが、父親の話題が出たときにはきちんと説明してあげるようにしましょう。

引用元-子供の為に離婚!?年代別父親がいない子供の気持ちと影響度 – マーミー

離婚:年齢別子供の影響②

7〜18歳の青年期の影響
この時期の子供は、両親の離婚によって苦しんでしまう場合と、すんなり受け入れて立ち直れる場合とに別れます。苦しんでしまうタイプの子供はまだまだ年齢的に人生の過渡期にあるため、この時期の様々な変化に伴う苦悩を受け止めてもらう存在として両親が必要です。
しかし、離婚した親は離婚問題にかかりっきりになってしまうことや、経済的に仕事をする時間を増やさざるを得なくなり、子供を養育する余裕がなくなってきてしまいます。このことから、子供が自分で抱えきれない問題をどこにぶつけていいかわからなくなってしまうのです。
一方すんなり受け入れられる子供は、そうでない子供と同じく自身の変化に伴う苦痛は持っているものの、それを分かち合える友人がいることで助けられています。心許せる友人が1人でもいればこの時期の子供は両親のサポートがなかったとしても心がやすらぎます。

引用元-離婚が子供に与える15の影響と悪影響をケアするための方法|厳選 離婚弁護士ナビ

離婚:子どもとの話し合い

「まだ子供だから…」と、夫婦仲がうまくいっていないこと、離婚の問題を子供に話さない親御さんは多いです。
しかし、子供であっても両親の不仲、離婚について理解できます。
何よりつらいのは、親の今の状況、これからどうなるかわからない状況が一番つらい。
両親のこれからが見えないということは、自分自身のこれからが見えず、大きな不安が押し寄せるからです。
また、子供に離婚について話をする時、お互いを責めるような態度や言葉を使うと、子供は「父親(母親)が悪い」とは思いません。
お互いにののしり合っているのは自分のせいだと考える子もいます。
自分が悪い子だから親が仲良く出来ない。
いい子にすれば仲直りするかもしれないと思って、必死にいい子になろうとしたり、感情の乱れを一切表面に出さない冷静な態度に出ることもあります。
また、離婚後生活について「寂しいけど我慢しなさい」などと感情の動きを事前に留めてしまうような発言は控えたいもの。
自分の感情をそのまま表現することがいけないことだと感じ、素直に人と交流することが出来なくなります。

引用元-子供の年齢と離婚後の子供に与える影響

離婚:注意すべきこと

離婚するときに「あなたは私と暮らしたい?それともお父さん?」というフレーズをよく耳にしますが、絶対に聞いてはなりません。なぜなら、子どもに聞くと「どちらが好きか」という感情で決めてしまうからです。
両親は子供の好き嫌いではなく、経済的・精神的・教育的などのあらゆる要素を複合的に考慮した上でどちらが育てるべきなのかを決めるべきです。こんなにも重要なことを子どもに決めさせるのは無理ですよね。
また、子どもにとっては、どちらの親も大切で愛しています。どちらかを選ばせるということは、どちらかを切り捨てさせることと同じです。そんな酷な選択を子どもに課しても良いのでしょうか?
相談してはいけないわけではありませんが、子どもに責任を負わせるようなことは決してしないよう気を付けてください。

引用元-離婚による子どもへの影響と離婚前に考えるべき6つのこと | RootsNote

子供が何を不安に思っているかを察知し、積極的に働きかけて不安を解消してあげてください。
離婚をすることで、子どもがなにを不安に思っているのか子ども目線で真剣に考えたことはありますか?離婚することを伝えても平気そうだな!なんて安心していませんか?親が離婚をするのに平気な子どもなんていません。強がっているか、親のために平気な顔をしているだけなのです。
ある程度の年齢の子どもは「離婚」という単語を知っているでしょう。でも「離婚」したらどうなるかは分からないのです。離れて暮らす親とはもう会えないのか、捨てられたのか、もう親ではなくなってしまうのか、ぼく・わたしのせいで離婚することになったのかな・・挙げたらきりがありません。
大人が「そんなことあるわけない」と思うようなことで子どもは悩んでしまうのです。たくさん話をしたり、質問しやすい雰囲気づくりを心掛けてくださいね。

引用元-離婚による子どもへの影響と離婚前に考えるべき6つのこと | RootsNote

まとめ


子供が自分のせいかも…と思わせないように気を付けましょう。年齢によっても対応が変わってきます。子供も自分も幸せになるように離婚後過ごせるといいですね。

twitterの反応

 - 人生 社会

ページ
上部へ