あなたの元気の糧になりますように。

元気の糧

高齢者の子宮からの出血について

      2016/12/02

高齢者の子宮からの出血について

高齢者でも不正出血が起こるのはなぜなのでしょうか?突然の出血にびっくりしてしまいますね。高齢者の不正出血の原因や、閉経後にも発症する子宮がんについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

「日本の国を良くしたい」だから公務員の仕事は楽しい!?

公務員は国が雇っている職員なので信用は高いですし、お給料もな...

「女性の美しさも多国籍」外国人の女性が美しくて可愛い!

外国人の女性で可愛いというと、誰を連想しますか?日本では「世...

海外で日本のテレビを見る方法

海外に長くいると恋しくなる事の1つは、なんといっても「日本の...

「心も体も温まる」シチューに鶏肉。どの部位が良い?

冬と言えば「シチュー」を思い浮かべる人も多いのではないでしょ...

「広すぎて怖いくらい?」アメリカの田舎の生活を体験!

アメリカの田舎の生活について考えたことがありますか?ただただ...

アメリカで映画の仕事がしたいけど、どうすればいいの?

憧れのハリウッドで働きたいけど、どうしたらいいの?という悩み...

神の領域に手を出すのかっ!?動物と人間は交配できるの?

ファンタジー漫画やゲームなどで登場するキメラ。違う種類の動物...

友達と喧嘩して絶交してしまった。もう関係修復は無理?!

喧嘩するほど仲が良いとも言いますが、友達と喧嘩して絶交にまで...

初心者だけど車で旅行って行けるのかな?

車の運転免許を取ったばかりの頃って、あちこち出かけたくなるも...

家庭環境で子供の性格は変わる?!

誰しも自分の子供を適当に育てようなんて思ってはいないはずです...

仕事量が多すぎることを上司に相談していいの?

ブラック企業なんて言葉もありますが、そんな企業ではなくとも抱...

高校と大学での学びの違いって?!

日本での義務教育は小学校、中学校までなのですが、現代ではその...

バイトのシフトの入れ方ってみんなどうしてる?

アルバイト先を選ぶ時、職種や時給、勤務地など色々な条件がある...

産婦人科での検診、膣に指や器具を入れられるって本当?!

生理不順や生理痛など日常的な症状はもちろん、子宮がん検診など...

高校の定期テストの教科数ってどれくらい?

中学でも高校でも定期テストがあるという部分は同じなのですが、...

バイトでの自分のシフトの入れ方や確認方法がわからない!

アルバイトを始めたらものの、シフトの入れ方や自分のシフトがど...

ご祝儀で結婚式を黒字にするって・・・どうなの?

会費制の結婚式だったり、身内だけで顔合わせするようなお食事会...

「子供に命を教えよう」金魚を飼育するため100均を活用!

お祭りの風物詩「金魚すくい」は子供時代の楽しい遊びのひとつで...

「十人十色の事情有り」義母と同居と介護の義務

介護の問題は難しいですよね。義父や義母と同居しているなら介護...

「自分自身を表す鏡?」メンズの財布の中身はその人となり

財布はその人となりを表すものだと良く言われますよね。メンズの...

スポンサーリンク


高齢者の不正出血:不正出血とは

不正出血とは正常時以外の生理や排卵期以外でのタイミングで起こるもので、個人差はあるものの、おりものに薄く血が混じったり、茶褐色だったり、黒っぽかったりします。1日で終わることもあれば長期に渡って症状が続くこともあり、出血量や痛みの有無などは個人差があります。
不正出血には、膣や子宮、卵巣などに何らかの異常があり起こる「器質性出血」と思春期や更年期にホルモンバランスが不安定であることが原因の「機能性出血」などがあります。子宮体がんの可能性があるのは、不正出血が「器質性出血」であった場合です。
また、おりものに多少の血が混ざっていることも不正出血です。ですから、少量だからと放置しておくと病気のサインを見逃すことにもなるので、安易に自己判断することはやめましょう。また、病院で診察を受ける際に、基礎体温表をつけている場合には排卵の有無などが分かります。

引用元-生理以外の不正出血がキーワードとなる子宮体がん

高齢者の不正出血:閉経後の出血の原因

閉経後の出血は、不正出血といい生理の出血とは違うので、子宮や膣、卵巣などが傷ついて出血している可能性が考えられます。
一体どのようなことが閉経後の出血の原因となっているのでしょうか?
子宮がん
閉経後の出血で怖いのは、子宮がんの可能性があるということです。更年期に入ってから、毎年婦人科検診を受けているという女性の割合は非常に少なくなっています。
また、子宮がんは高齢になればなるほど発症率が高くなっている病気の一つです。万が一のことを考えて、すぐに婦人科受診をするのが一番いい方法です。

老人性膣炎
閉経後はおりものも少なくなるので、細菌が繁殖しやすい状態です。これに加えて、風邪や体調を崩してしまうと、一気に増殖し「老人性膣炎」になり、出血することがあります。
不正出血が起こった前後に体調を崩していた場合は、膣炎が原因の出血である可能性もあるので、早めに治療を受けるようにしましょう。

引用元-閉経後の出血の原因は生理?少量、鮮血、腹痛・下腹部痛どれが危険?

高齢者の場合、お薬による不正出血も考えられます。精神・神経科のお薬や狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、高血圧などで処方される血液をさらさらにするお薬を飲んでいると出血しやすくなることがあります。受診される際は、現在、服用されているお薬を必ず伝えるようにしてください。

引用元-ウィズたからづか|閉経後の不正出血

高齢者の不正出血:子宮の構造と子宮がん

子宮は、骨盤に守られるように女性の下腹部にあり、洋梨を逆さまにしたような形をしています。
膣につながる部分が、子宮頸部、赤ちゃんができると出産までとどまる部分が子宮体部です。
子宮がんには、がんができる場所によって、「子宮頸がん」と「子宮体がん」がありますが、原因も発祥のメカニズムも全く異なるがんです。
子宮頸がんが多く発生するのは、子宮頸部の入り口である外子宮口のあたりです。がん細胞の増殖はゆっくりで、正常な細胞が浸潤がんになるのに5?10年以上かかるといわれています。そのため、定期的に検診を受ければ、がんになる前の段階で見つけることが可能です。
子宮体がんは、「子宮内膜がん」ともいわれるように、子宮内膜に多く発生します。内膜は生理のときにはがれてしまうので、閉経前に子宮体がんが発生することはまれだといわれています。年齢別にみた発生率(罹患率)は、40歳代後半から増加して50歳代から60歳代にピークを迎え、その後減少しています。

引用元-子宮がんの基礎知識 | 日本対がん協会

高齢者の不正出血:子宮体がん

子宮体がん
子宮頸がんによる死亡率が減少する一方で、最近急激に増えているのが子宮体がんです。これは、赤ちゃんを育てる子宮の内側をおおう内膜に発生するがんです。
以前は、子宮がんの85%以上は子宮頸がんと言われていましたが、最近では体がんの比率がじわじわと増加しています。これは、食生活の欧米化、とくに脂肪の摂取量の増加が関係しているのではないかとされています。
子宮体がんは、性交渉とは関係がなく、女性ホルモン(エストロゲン)と関係が深いがんです。妊娠経験のない人や無排卵などの排卵障害のあった人、また肥満や糖尿病、高血圧の人もホルモンバランスが崩れて子宮体がんになりやすい傾向があると指摘されています。食生活の欧米化や肥満が体がん増加に関係していると言われるのも、ひとつにはエストロゲンという女性ホルモンが、脂肪に溶けて存在しているためです。また、閉経後は、卵巣からのエストロゲンの分泌は停止しますが、卵巣や副腎から分泌されるアンドロゲン(男性ホルモン)は、脂肪細胞でエストロゲンに変化します。これも、閉経後の子宮体がんの発生に関係しているのかもしれません。
発症も、50歳前後に多いのですが、最近は閉経後の子宮体がんが増加していますから、閉経後も子宮がん検診が必要です。

引用元-子宮がん

子宮体がんで行われる検査

子宮内膜細胞診:ブラシでこすれた細胞を調べる
婦人科の検査は、内診台に乗っての検査が主になります。子宮内膜細胞診とは、子宮の中に細いブラシのような器具を挿入して、粘膜をこすって細胞を採取する検査になります。そのブラシに付着した細胞を検査に提出し、顕微鏡で癌細胞があるかどうかを調べる検査になります。
ただ、子宮内膜細胞診だけでは、はっきりと診断がつかない場合もあります。そのため、自分が受けた検査が何の検査なのかを知って、結果を見ることも大切になります。

子宮内膜組織診:子宮体癌の確定診断になる検査
子宮体癌に欠かせない検査の一つだといわれている検査です。細いスプーンやチューブのような器具を用いて、異常がありそうな部分の内膜を削り取ったり吸引したりして、子宮内膜の組織の一部を採取して検査に出します。
顕微鏡で、その組織が正常な子宮内膜なのか、炎症なのか、良性腫瘍なのか、悪性腫瘍である子宮体癌なのかを調べます。一般的には、子宮内膜細胞診で異常が指摘されたときに、行われる検査になるそうです。

引用元-子宮体癌は不正出血がサイン?意外と知らない症状と検査方法を徹底解説!|WELQ [ウェルク]

まとめ


不正出血があった場合は放置せず、早めに病院に行った方がよさそうです。閉経したから大丈夫と思わず、子宮がん検診を受けましょう。

twitterの反応

 - 健康 美容

ページ
上部へ